初音アキラのわがままでBLACKなBLOG★

日常の話とか旅行の話とか。過去に出した同人誌の内容の一部とかw気まぐれに更新中。拍手、コメント大募集中wwこのブログ内のイラストと文章の無断転載は禁止です。


ポップコーン(お菓子の降る夜により)

お菓子の降る夜に表紙web


ポップコーンは、どうもよくわからない。特に、食べた時の食感がわからない。
つかみどころがない…というか。フカフカとかフワフワ…そんな要素も確かにあるのかもしれないけれど、そこまで軟弱な感じではない。そう思わせるのは、少しカリっとした茶色い部分のせいなのかもしれない。あの茶色い部分が、ともすれば軟弱になってしまいそうなポップコーンにさりげなく喝を入れているように思えてくるから不思議だ。普段はポップコーンの白い部分に覆われていて目立たないのに、食べている時には口の中でしっかり存在をアピールしてくる。ポップコーンを噛んだ時にフカっと、受け止められたと思ったら次に噛んだ時にはカリっとした感触でふいにドキッとさせられる。これがいわゆるギャップ萌えというやつだろうか…。(多分違う)

それから、ポップコーンの味付け。一番の定番はバター味だと思うけど、このバター味っておいしいんだけど、自分が濃い味が好きなせいか味がうすくて物足りなく思う事が多い。できたてのポップコーンから立ちのぼるバターの香りは確かにおいしそうなのに、いざ食べてみるとバターの影は薄い。でも、ずっと食べ続けていると味の濃い部分に当たる事もある。この瞬間の為だけに、人はポップコーンを食べ続けてしまう…と、いうような事をどこかの誰かが言っていた…ような気がする。少なくとも自分はそうかもしれない。だけど、どういう訳があの茶色のカリカリ部分は結構味が濃い事が多い。口に放り込んだ瞬間は、どうもぼんやりした味付けでいかん…なんて思いつつ噛んでみると茶色い部分にひそんでいた味が一気に広がったりする。塩を振った時に、表面にくっつくより茶色い空間に吸い込まれる方が多いのかもしれない。ポップコーンに直接聞いた事はないけれど、塩分の摂取量はきっと多いんだろうなwすじこ大好きな自分が言うのもなんだがw

キャラメルポップコーンの事も忘れてはいけない。キャラメルポップコーンの場合は表面がカリっとキャラメルでコーティングされていて、とても白くてフカフカした優しげなポップコーンが元になっているとはにわかに信じがたい。(…それは言い過ぎ。)キャラメルポップコーンは、口に入れた瞬間からすでに味がはっきりしている。それでも、たまにキャラメルがあんまりかかっていないポップコーンがいくつかまぎれこんでいて、それを食べる時は少し寂しい気分になるけれど。それにしても、キャラメルポップコーンの特にキャラメルが厚めにコーティングされている部分は何ともいえないおいしさだ。バター味や塩味のポップコーンと違って、見た目で味が濃そうなポップコーンを見つけやすいのもいいwwよしよし、これは味が濃いに違いない…と思いながら口に入れて予想通りの濃厚な甘さを味わいつつ、もう次のターゲットを探している。そんな作業を繰り返していくうちにどんどんキャラメルポップコーンの深みにはまり、時間は過ぎ去り、後には空になった容器だけが転がっている。でも、とっても満ち足りたさわやかな気分を味わう事ができる。
カロリーの事を思うと、正直少しだけ後悔したりしなかったり…いや、おいしかったらそれでいい。そういう事にしておこうw
スポンサーサイト

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
デイリーポータルZ
ニコッとタウン
ラーメンは太麺派
バトルブログパーツ:太麺派vs細麺派
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンタ
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー
月別アーカイブ

Archive RSS Login