初音アキラのわがままでBLACKなBLOG★

日常の話とか旅行の話とか。過去に出した同人誌の内容の一部とかw気まぐれに更新中。拍手、コメント大募集中wwこのブログ内のイラストと文章の無断転載は禁止です。


酢豚(C88新刊 回鍋肉にはごはんだろ!より)

回鍋肉にはご飯だろweb
酢豚…やっぱり王道の豚肉を使った物でないと。それも脂身たっぷりな…。
たまに酢豚風と称して、豚肉じゃなくて肉団子を使っているのを見かけるとちょっと違和感を覚える。その料理に酢豚と言うネーミングはいかがなものか、と思わずにはいられない。例え、その肉団子に豚ひき肉が使われていたとしてもだ。
個人的にはやっぱり、ゴロっとした豚バラ肉が入っていてほしい。
酢豚を食べる時には、(というか、酢豚に限らないけど)ヘルシーと言う言葉は一切忘れるようにしている。

酢豚のあの甘酢だれ…あれだけでも十分おかずになるレベルだ。甘酢だけじゃなくてケチャップなんかも入っているけど。そこに、カリッと揚がった豚肉とかピーマンとか玉ねぎが加わって酢豚になる。ピーマンは特に外せない。ピーマン特有の香りがあってこその酢豚だと思う。ケチャップとピーマンの組み合わせって良い!何だかほっとするような
懐かしくなる組み合わせ。あとは竹の子と人参と椎茸かな…。
あと、パイナップル?これはよく、パイナップル肯定派と否定派の間で論争が繰り広げられる割と重要なポイントだけど自分としては中立の立場でいたい。
今までの人生を振り返ってみると、パイナップル入りの酢豚に遭遇した記憶が実はそんなに多くない。小学校の給食の酢豚にパイナップルが入っていたのかどうかだって今となってはかなり記憶があいまいだ。
でも、酢豚の味付け自体がそもそも割と甘い感じだしそこにパイナップルが入ったからってそこまで違和感はないように思う…なんて個人的には思ったりする訳だけど、酢豚の中のパイナップル否定派にとってはかなり重大な問題のようだ。

それにしても、酢豚の中の豚肉のぶよぶよした脂身の感触はたまらない。
そして、ぶよっとしているだけじゃなくてかすかにさっくりした歯触りもある。
決して、飽きる事のないおいしさ。時折、箸休め的な感じでしゃりっと甘い玉ねぎや
ぷきっとほろ苦いピーマンを食べると気分がリセットされてまた新たな気持ちで豚肉を味わう事ができるのだ。ただ、これは個人的な偏見だけど竹の子と椎茸って一見酢豚になじんでいるようでいて実はそこまで溶け込んでいない感がある。集団の中で少しだけ浮いているような…。決して、酢豚との相性が悪いという訳ではないんだけど酢豚に対して一歩引いているというか…。一応、酢豚のメンバーとして活動してはいるものの、あんまり深入りしたくないという思いが竹の子と椎茸の中にはあるのかもしれない。
人参に関しては、まあまあ馴染んでいるという感じ。ピーマンと玉ねぎほどではないけど
酢豚の中でもそこそこ活躍している…といった印象だ。
そうした所に、たまにパイナップルが飛び入り参加して一悶着あったりする…それが酢豚ってやつなのだ。

スポンサーサイト

« »

07 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
デイリーポータルZ
ニコッとタウン
ラーメンは太麺派
バトルブログパーツ:太麺派vs細麺派
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンタ
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー
月別アーカイブ

Archive RSS Login